反社会勢力排除に伴う宣言

2012年9月
ケーブルメディアワイワイ

全国の都道府県で暴力団排除条例が施行されるなど、反社会的勢力排除に向けた社会的な取り組みが高まりを見せる中、社団法人日本ケーブルテレビ連盟は、「反社会的勢力の排除に関する取組み」を公表しました。当社は、連盟正規オペレーターとして以下の基本方針を遵守いたします。

基本方針

地域の重要インフラとしての社会的使命を自覚し、ケーブル事業者として反社会的勢力の排除に関し、各地方自治体の暴力団排除条例に準拠します。

反社会的勢力を社会から排除することは、企業倫理としてコンプライアンスそのものであると捉え、反社会的勢力との関係を遮断する策を講じます。また、放送・通信事業を提供することから、これらの事業が反社会的勢力への利益供与に繋がらないよう必要な策を講じます。

反社会的勢力排除に伴う宣言

  1. 1.反社会的勢力に対し、組織全体として毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断します。
  2. 2.反社会的勢力の排除に向け、警察、弁護士等と緊密な連携関係を構築します。
  3. 3.反社会的勢力とは、サービスの提供その他一切の取引を行いません。
  4. 4.反社会的勢力による不当要求に対し、民事と刑事の両面から法的対応を行います。
  5. 5.反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠蔽するための裏取引等を一切行いません。以上